Skip navigation

AAAS Chief Executive Officer Rush Holt will be the keynote speaker at the opening session of Japan’s Science Agora on November 3.

AAASのCEO、ラッシュ・ホルトは、11月3日から日本で開催されるサイエンスアゴラの開幕セッションで基調講演を行い、科学と社会とのつながりを強め信頼を築くことについて語ります。

 サイエンスアゴラは、日本最大の科学フォーラムです。今回で11年目を迎えるこのフォーラムの今年の目的は、社会と科学の対話を促進するため、最適な方法を探るプラットフォームとなることです。サイエンスアゴラは科学技術振興機構(JST)によって組織されています。さまざまな経歴や国籍を持つ、多様な分野のリーダーが演者となります。

 開幕セッション(東京国際交流館にてPM1:30~5:30に開催)のテーマは、「つくろう、科学とともにある社会」です。ホルトはサイエンス誌とその姉妹誌の出版執行役員(executive publisher)でもあり、科学と社会をつなぐためにどのようにAAAS(American Association for the Advancement of Science)が働きかけを行っているかについて例を示します。

 ホルトはJST理事長の濵口道成氏および2011年の東日本大震災で被災した高校生たちとともに記者会見にも参加し、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDG)に到達するために科学と技術が果たすべき役割についての国際討論会にもパネリストとして参加します。

 詳しい情報は、以下のサイエンスアゴラのウェブサイトをご覧ください 。http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/en/

Program details http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/session/fb_652/